雲海と星空のホテル テラスリゾートasago

神子畑の選鉱場跡 MIKOBATA SENKOUJYO

かつて東洋一よ呼ばれた鉱石の道

-Wikipediaより-

戦国時代に神子畑鉱山として栄えたが、生野鉱山の繁栄でその地位を奪われる格好で休山。
その約300年後の1878年(明治11年)、明治政府が銀鉱脈を発見、翌1879年から採鉱を本格化。
閉山後の1919年(大正8年)に、北西約6キロに位置する養父市の明延鉱山の選鉱場として「神子畑選鉱所」
が建設され、鉱石を生野まで運搬するための専用道路の造設が行われた。

明延鉱山は戦国時代頃より採掘が始められた金属鉱山で、金・銀・銅・鉛・錫などを産出してきた。
神子畑選鉱所では、明延鉱山で採掘された鉱石を選り分け、16キロ南東にあった生野鉱山併設の生野製錬所や
国鉄播但線経由で飾磨港から直島の精錬所へ送る中継拠点の役割を担っていた。

最盛期は約3000人が働いたといわれ、規模、生産量ともに東洋一と称されるほど栄えた

住所 兵庫県朝来市佐嚢1826番地の1
料金 無料
当ホテルより 国道429号で約15分

ご予約

ご宿泊のご予約


/ /

日帰り(持込可)BBQのご予約


/ /